Whenever Wherever Festival 2012

中村恩恵|イリ・キリアン レパートリーを学ぶ

ワークショップ

[開催決定!受講生募集中]

ブラックバード

優れた作品を実際に踊ってみるという体験は、ダンサーの成長にとって欠かせない大切な滋養を与えてくれると思います。深遠なキリアン・ワールドの一端に触れることで、豊かな舞踊体験を味わって頂きたいと願います。

私の携わっている芸術創作というこの仕事は、ある瞬間にわれわれ皆ひとり一人が発する問いかけ、「われわれは何者なのか?――われわれはどこから来たのか?――ここにいる間に、愛はわれわれを何処へ誘うのか?――最後にわれわれは何処に向かうのか?」などといった基本的な問いを取り扱っているのです。
〈中略〉
私の振付作品は決して答えを求めるものではありません。それらは出来るだけ明快に、そして正確に問いを投げかける事を意図しています。多分この仕事は、失われた言葉で書かれており、しかも残されたほんのいくつかの断片から読み取られる一種の祈りのようなものと考えられるかもしれません。[《ブラックバード》初演時のキリアンの言葉より抜粋]

レベル:中上級

  • 基本2日間の連続受講をお願い致します。
  • 無理な方は、1日目だけの受講も可能です。
  • 2日目のみ受講をご希望の場合は、過去にこの《子守唄のソロ》を習ったことのある方は受講可能です。それ以外で2日目のみ受講希望の方は担当:佐藤美紀(miki(a)a-tanz.com)までご相談ください。※送信時アドレスの (a) を@に変えてください。

開催概要

日時:6/4[月], 6/5[火] 11:00-14:00
会場:森下スタジオ Cスタジオ
受講料:4,000円(1日単独受講)|7,000円(2日間通し)

申込方法
以下のいずれかよりお申込みください。
・E-mail|bodyartslab(a)gmail.com(予約専用アドレス)
・予約フォーム|http://bodyartslabo.com/wwfes2012/festival/form

※E-mailの場合、件名を「中村恩恵WS申込み」として、以下の事項をご記入ください。送信時、アドレスの (a) を@に変えてください。
1. プログラム名|2. 日時|3. 氏名|4. 連絡先(E-mail, 電話番号)


中村恩恵|Megumi Nakamura
1987年第1回アジアパシフィックバレエコンクール・IBM賞、88年ローザンヌ国際バレエコンクール・プロフェッショナル賞受賞。フランス・ユースバレエ、アヴィニオンオペラ座、モンテカルロバレエ団を経て、91-99年ネザーランドダンスシアターに所属。退団後はオランダを拠点に活動。2000年自作自演ソロ《Dream Window》にて、オランダGolden Theater Prize受賞。01年彩の国さいたま芸術劇場にて、キリアン振付フルイブニングソロ《ブラックバード》上演、ニムラ舞踊賞受賞。05年《A play of a play》発表、ソロ作品《One 6》をオランダにて上演。07年日本に活動の拠点を移し、Dance Sanga設立。
振付家/ダンサーとしての活動を両立し、これまでにNoism07《Waltz》(舞踊批評家協会新人賞受賞)、NBAバレエ団《露とくとく》、ダンストリエンナーレTOKYO2009にて《ROSE WINDOW》を上演する。《The Well-Tempered》《時の庭》等の新作はマルセイユ・ダンス・フェスティバルやYCAMへ招聘され国内外で高い評価を得る。自身の舞踊活動に加え、キリアン作品のコーチとしてパリオペラ座をはじめ世界各地のバレエ団や学校の指導にあたる。06・07年度ローザンヌ国際コンクールにコンテンポラリーレパートリーのコーチとして参加。
http://www.meguminakamura.com/

Photo: Photo:Body Arts Laboratory

背景画像を表示