Whenever Wherever Festival 2014

石井達朗|Tasturo Ishii

舞踊評論家
ニューヨーク大学(NYU)演劇科ブライト研究員・同パフォーマンス研究科ACLS研究員などを経て慶応大学名誉教授、愛知県立芸大非常勤講師。関心領域として、サーカス、アジアの身体文化、ポストモダンダンス、ジェンダー/セクシュアリティとパフォーマンス。著書に『身体の臨界点』『男装論』『ポリセクシュアル・ラヴ』『アクロバットとダンス』『サーカスのフィルモロジー』『異装のセクシュアリティ』ほか。

石井達朗

Photo: Cecil Pitois

背景画像を表示