Whenever Wherever Festival 2014

レポート/写真

Performance/Event|公演・イベント

week 1

DekNobo:非人間型人間(ポルターガイスト型)ロボット
岡﨑乾二郎、田中正之、林道郎、松浦寿夫

クローディア・ラ・ロコ レクチャー

week 2

しゃべるダンス
スズキ拓朗

音の身体を興す音 魔方陣と召喚獣
山崎阿弥、池田拓実

声と身体の即興アンサンブル─身体を奏でる
ナカガワエリ(演出)

ぬれのヒステリシス 影向(ようこう)の光と波(ことば)
有賀眞澄、武井よしみち+ブルーボウルカンパニー’96、
高柳蕗子、金子雄生、由良瓏砂、衣、星衛、神崎悠雅

コヱの未来は、未来のカラダ
鯨井謙太郒、城戸朱理、定方まこと

千の舌
室伏鴻、桜井圭介

rendance/世代間の対話

week 3

土方巽「病める舞姫」をテキストにした公演
向雲太郎、百合子

発する身体
山崎広太(演出)

Photo: Cecil Pitois

背景画像を表示