Whenever Wherever Festival 2021

西村未奈|Mina Nishimura

ダンサー/振付家。お茶の水女子大学舞踊教育学コース、カニンガムスクールを経てニューヨークを拠点にダンスアーティストとして活動。山崎広太に師事する一方、ジョン・ジャスパー、ニール・グリーンバーグ、DD・ドビリエ等、先鋭的な振付家の作品に出演し影響を受ける。自身の振付作品をニューヨークの劇場を中心に発表。2008—09年、インパルスタンツ・フェスティバル(ウィーン)の danceWebプログラムで研修後、ニューヨークのMovement Research、Danspace Project、Mount Tremper Arts Centerなどの劇場でキュレーターを務める。近年では、アーティストSIAとの共演やPRADAの短編映画への出演なども。

2017年、米ダンスマガジン ベストパフォーマンス賞、2019年、現代芸術財団賞(FCA アワード)受賞。2019年秋より、バーモント州、ベニントン大学のMFAフェロー及び専任講師を務める。現在、ニューヨーク州サラローレンス大学にて、パフォーマンスプロジェクト「みんなで消えてみる」を牽引。

photo by DAVID GONSIER

Photo: Photo:Body Arts Laboratory

背景画像を表示