Whenever Wherever Festival 2010

About Festival Program

ウェン・ウェア・フェスティバル(WWFes)は、2009年に創始された、ボディ・アーツ・ラボラトリーが毎年開催するダンス・フェスティバルです。フェスティバルそれ自体が、創作のプロセスでアーティスト同士が結ぶネットワークとして成り立つことがWWFesのコンセプトです。
「スタジオラボ」をはじめ、創作プロセスを重視したプログラムを特徴とするほか、アーティストがキュレーターとしてプログラムを主導する形態が取られます。WWFesは、アーティスト同士の批評的視点を介して、世代や分野を超えた、機動性のある新たなコミュニティの創造を実験する場として構想されています。


Whenever Wherever Festival 2010
アサヒ・アートスクエア・パートナーシッププロジェクト2010 [*1]

期間:
2010年7月1日[木]-11日[日]
会場:
アサヒ・アートスクエア
森下スタジオ Bスタジオ

  • 7月1日[木]…森下スタジオ Bスタジオ
  • 7月3日[土]-11日[日]…アサヒ・アートスクエア


主催:ボディ・アーツ・ラボラトリー、アサヒ・アートスクエア
協賛:アサヒビール株式会社
提携:すみだ川アートプロジェクト
助成:芸術文化振興基金(RENエデュケーション・プログラムを除く)、財団法人セゾン文化財団、財団法人全国税理士共栄会文化財団、(社)私的録音補償金管理協会(sarah)

企画:ボディ・アーツ・ラボラトリー
協力:Artists’ Guild、スタジオ アーキタンツ、中山雄一朗、四谷アート・ステュディウム

  1. アサヒ・アートスクエア・パートナーシッププロジェクト2010Backアサヒ・アートスクエアは、「未来文化の創造」「市民とアートのつなぎ手」「地域文化への着目、地域への広がり」という3つのテーマに沿って、さまざまなアートプログラムに取り組んでいます。2010年は、公募によって選ばれたパートナーと共に、新たなプログラムを実施致します。どうぞご期待ください。

Photo: Cecil Pitois

背景画像を表示