Whenever Wherever Festival 2015

坂本大三郎|Daizaburo Sakamoto

山伏/美術作家/文筆家
千葉県生まれ。30歳の時に好奇心から山伏修行に参加。山伏との関連が考えられる芸術や芸能の発生や民間信仰、生活技術に関心を持ち様々な山伏修行に参加。祭りや芸能、宗教思想の調査研究をおこなう。現在は山形・東北を拠点に伝統的な生活技術を学びつつ自然と人との関わりをテーマに執筆。様々なアートイベントに参加し作品を制作している。著作に「山伏と僕」(リトルモア)など。

sakamoto 2015 - 3

プログラム

Photo: Cecil Pitois

背景画像を表示