Whenever Wherever Festival 2015

whenever wherever festival

about

フェスティバルそれ自体が、創作のプロセスでアーティスト同士が結ぶネットワークとして成り立つこと。それがwwfes(ウェン・ウェア・フェスティバル)のコンセプトです。舞台表現に限定されない身体芸術をめぐる環境にはたらきかけ、研究者などを含む多数の実践者との対話・協働の場を開き、その深化を目ざして、2009年より東京で毎年開催。創作プロセスや先鋭性を重視したプログラムを特徴とします。

また「新人振付家育成のためのスタジオシリーズ」などで開催当初から実施してきたキュレーター制を発展させ、今年2015年から4名のアーティストがキュレーターとなり、フェスティバルのプログラムを企画。wwfesは、アーティスト相互の実験精神を交換することで、世代や分野を超えた、新たなコミュニティ形成を試行する場として構想されています。

[過去の招聘アーティスト]

wwfes 2012
トラジャル・ハレル Trajal Harrell
デイヴィッド・ベルグ David Bergé
デイヴィッド・ブリック David Brick
オハッド・フィショフ Ohad Fishof

wwfes 2013 即興の再生
マルテン・シュパンベルグ Mårten Spångberg
クリスティーヌ・ボナンセア・ソリュ Christine Bonansea-Saulut
アースラ・イーグリー Ursula Eagly

wwfes 2014 発する身体
クローディア・ラ・ロコ Claudia La Rocco

body arts laboratory

ボディ・アーツ・ラボラトリー(BAL)は、アーティストが主導するダンスのオーガニゼーション(機関)として2008年に設立されました(ディレクター:山崎広太)。フェスティバルwwfesを東京で毎年開催する他、リサーチ活動として、批評・インタビュー・海外レポートを主にWeb上で発信しています。BALは、アーティストの創作に伴うコミュニケーションをサポートするシステムの一つになることを目ざします。

[活動内容]
[活動歴]

関連記事
山崎広太「アーティスト主体のBALが見据える可能性とは」(『viewpoint』60号、公益財団法人セゾン文化財団、2012)
BALニュースレター(2015)

wwfes 2015 staff

wwfes white 2015 不可視の身体
キュレーター:生西康典、大久保裕子、大倉摩矢子、田村友一郎
空間デザイン:木内俊克

BALパフォーマンス・プログラム
ディレクター:山崎広太
インターナショナルプログラム・コーディネーター:西村未奈

事務局:川田夏実、佐々木智子、三石祐子、印牧雅子、佐藤美紀
エディター:印牧雅子

Web デザイン:中村泰之
フライヤーデザイン:鶴崎いづみ

Photo: Cecil Pitois

背景画像を表示